育毛を専門としているのはクリニック

発毛、育毛を専門としているのはクリニックだけのように思いがちですが、いわゆる皮膚科でも育毛治療は受けられます。

簡単に皮膚科といっても美容皮膚科と一般的な通常の皮膚科があり、そのどちらの皮膚科でも受診はOKですが、AGAの治療に特化しているのは美容皮膚科の方ですね。

さらには、どっちの皮膚科に通うことにしたとしても保険適応外で全額自己負担です。

充分な時間を掛けないと薄毛治療は終わりませんから、自分が通いやすいクリニックであると言うことも通院先の皮膚科を選択する上で重要な点になります。

厚生労働省の定める医療保険の適用外であるAGAの治療は、治療期間も長いですし、毎月の治療費のすべてが患者にのしかかってきます。

処方薬の中でも最近よく聞くプロペシアという薬はいくつかの後発医薬品が発売されているため、高価な先発医薬品から切り替えて使用すればかなりの節約になります。

これまでも海外ではジェネリック医薬品がいろいろ販売されていましたが、国内では2015年にファイザー、2016年にサワイなどのジェネリックが複数が出まわっています。

頭の皮膚もつるつるカチカチの人、柔らかい人がいますね。

硬い頭皮には毛が生えてこないとされますが、血管が硬くなり、さらに血液循環が滞ると、皮膚は硬くなります。

育毛を考える上で、頭皮の問題は欠かすことができません。

正しいケアで頭皮を柔らかくし、頭部の血行を良くしていけば、太くてつややかな髪が生えてくるようになります。

それに、頭部だけでなく、全身の血行が良いことも重要ですので、疲れない程度の運動をしたり、DHAやEPA、ミネラルやビタミンが豊富な食材を食べるのもオススメです。

一般に平均体温が低い人は、普通の人に比べて新陳代謝が低い場合が多いです。

AGA治療には頭皮や体の血行改善が重要ですから、代謝機能の底上げを図ることは現在のAGAの症状の改善に繋がります。

冷たい飲み物は避けて体が冷えたらそのままにせず、体を温める作用が強い生姜や黒砂糖、根菜類を食べるようにし、入浴の際もシャワーなら半身浴を併用したり、浴槽での入浴機会を増やせば、体が冷えるのを防止できます。

ストレスを発散するというのも薄毛の改善に頭皮マッサージがいい理由です。

しかし、頭皮マッサージには直ちに改善されてくるような効果はありません。

たった1回や2回行っただけでは目で分かるような効果を得られることはできないと理解してください。

頭皮マッサージはマメにコツコツ継続することが大事です。

ツボは、東洋医学において、度々使用されますが、その中に、髪の毛が豊かになるツボがあります。

マッサージで頭皮を揉むことがあれば、ツボ押しをしてみると良いかもしれません。

ただし、ツボをマッサージしたとしても明日にでも効き目が現れるのかというと、そうではありません。

そのようにすぐさま髪が生えてくるなら、この世に薄毛に悩む人はいなくなります。

大手のドラッグストアなどで探してみると、商品名に「スカルプ」という名前が入った育毛対策シャンプーが売られているようです。

スカルプというと分かりにくいですが、これは頭皮のことで、スカルプの名前の付いたものは頭皮環境を改善して健やかな毛髪の成長を促す商品です。

ただ、どれだけスカルプケアを謳ったシャンプーを使ってみても、それが頭皮に付着したまま乾かしてしまうと頭皮にダメージとなって、薄毛の要因になります。

こうしたリスクを避けるためにも、しっかりと洗い流すことを忘れないでください。

興味を持って眺めてみると、世間には根拠なく期待だけを煽るような育毛記事が溢れており、注意しなければなりません。

医療機関で発表している薄毛治療のガイドラインを参考にするのも良いかもしれません。

育毛を始めるときは、宣伝に謳われている効果が常識的なものなのかよく考えて選ぶべきです。

まずは知識を得ることからはじめましょう。

たしかに効果があるものの、人によっては肌トラブルを起こすような製品を「誰にでも」と言って売っていたりすると、育毛効果が得られれば良いですが、抜け毛が増えたりしては困ります。

体質的なものとして単純に片付けられるものでしょうか。

それとも正しいケアでしょうか。

ユーザーのほうでも鑑識眼を養い、きちんとした理論がある製品なのか、どんな用途に適応するのかなど、メーカーサイト以外のクチコミや掲示板などを参考にし、多数の情報を得た上で信頼できる製品や育毛方法を取り入れたいですね。

そのようにして選んでも、自分に合わない場合があるので、刺激や痛みを感じたり、ほてりが長時間続く、毛が抜けるなどの症状が現れたら、すぐに使用をやめるようにしてください。

女性の方が積極的に摂っている豆乳には、しっかりとした髪を手に入れる効果があるとのことですから積極的に試してみましょう。

大豆のイソフラボンが摂取でき、男性ホルモンが過剰に分泌されるのを防ぐことができます。

近年では口当たりのいい豆乳も親しまれるようになってきて、楽しんで続けられるでしょう。

ただ、過剰に摂取するのは良くないので、注意しましょう。

ところで、育毛ならば海藻、と連想しますが、海藻をとにかく食べてみても育毛にはつながらないのです。

ワカメやコンブは、ミネラル、そして食物繊維を含んでいますので、育毛の助けとなりますが、それのみで髪が成長したり、生えるほど簡単ではないのです。

育毛する、そのためには、亜鉛、鉄分、タンパク質等、多くの種類の栄養素が必要なのです。

フィナステリド製剤のプロペシアやミノキシジル配合薬がAGAの治療の現場ではこれまでもっとも使用されてきた薬です。

処方薬であるプロペシアについては近年、後発医薬品がファイザーから発売されるようになりました。

一般にAGAの治療というのはそれなりの時間を必要とするので、医療費がかかる期間も長くなります。

継続的な負担をなるべく軽くしたいのであれば、後発医薬品の使用について担当医に相談するのも手です。

ノコギリヤシが養毛の効果を持っている理由は、5αリダクターゼという抜け毛原因物質が活発にならないようにすることによって脱毛を食い止めることが可能だからです。

5αリダクターゼと、別の物資であるジヒドロテストステロンとの結合によって、頭皮の脂分が増えすぎてしまいます。

この脂分が毛穴につまりを生じさせることなどで髪の毛が抜けることになったり、毛髪が育たない状態になってしまいます。

ところで、ノコギリヤシは、加工せずに食べてしまうのではなく、抽出加工で得られたエキスの形で利用します。

今、育毛用の薬として厚労省から認可済の薬は、ミノキシジルとプロペシアの2種類のみです。

この2種類のうちでプロペシアは内服薬で、ミノキシジルは外用薬となっています。

内服する仕様のミノキシジルもあることはあるものの、今のところ日本では薄毛治療薬としてはまだ認可されていませんから、どうしてもという場合は個人輸入に頼るしかありません。

最近、ブブカという育毛剤がよくネット上で話題になっています。

育毛効果の高さで人気が出てきているようですが、処方箋を持って薬局へ行かないと買えない医薬品ではなく、どういった人でも購入できる医薬部外品です。

このブブカに「褐藻エキスM-034」というエキスが配合されています。

海藻を原料としていますが、天然成分なのに、あの薄毛治療薬ミノキシジルと同じくらいの効果が期待でき、その上副作用もあまり心配しなくて良いため、話題になっているのです。

また、植物由来の配合成分「オウゴンエキス」が、男性型脱毛症の主な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を8割弱程も阻害してくれ、これは、強力な男性ホルモンである、DHT生成に関与する5αリダクターゼを「オウゴンエキス」が阻害することによります。

こういった天然成分をはじめ、他にも数多くの成分が使われていて、育毛の効果を確かなものにします。

育毛、育毛と頑張っているのに、生えるのは産毛だけだと気を落としている方もまれではありません。

育毛を促す行為も大切なのですが、健康な毛髪が成長するために良くないことを減らすことももっと重要視すべきことです。

髪が育つのを妨げる悪習はできる範囲で改善を早くにしてください。

薄毛に、遺伝的なものが認められる家系なら、病院に行って治療を受けるのも適切です。

たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群、このどれもが、育毛治療の効果を促進する栄養素だと言えます。

たんぱく質のケースでは、たんぱく質はアミノ酸が集まって出来たものですが、このアミノ酸が髪の毛の大部分を占めるケラチンの素になります。

そして、アミノ酸からケラチンを合成するために亜鉛を十分摂取する必要があります。

また、ビタミンB群を摂取することで、髪の毛を作りだす細胞である毛母細胞の活性化を促します。

これらが豊富な食物として、たんぱく質は大豆製品、亜鉛は牡蠣に多く含まれ、ビタミンB群はレバーあるいは緑黄色野菜といった食品に含まれているので、積極的に摂取しましょう。

低出力レーザーを頭皮にあてて、頭皮の血行を改善する仕組みの育毛器があります。

クリニックやサロンで使用される育毛マシンなのですが、出力をもっと低く抑えることで、家庭でも使えるようにした家庭用低出力レーザー育毛器も大体5~6万円程度の値段で売られているようです。

頭皮に低出力レーザーが照射されて起こることですが、頭皮が刺激を受けたことによる血行促進だったり、頭皮にある細胞の活性化に役立つなどで、頭皮を元気にして育毛を進めるやり方です。

こういったレーザー育毛器は、複数のメーカーから発売されているのですが、使っても効果は全くないという、恐ろしい物もあるそうなので、簡単に選んで後悔のないようにしましょう。

食生活の改善は、育毛にとても良い影響を及ぼすと言われています。

血液をサラサラにする食材が良いと言われていますが、糖分や油を摂り過ぎると血中の悪玉コレステロール値を上昇させ、抜け毛の原因を作ります。

添加物が多い加工食品は、栄養をとらないよりはマシかもしれませんが、細胞の再生時に使われる微量元素や栄養素の取り込みを邪魔する成分もあるため、髪や地肌に対してマイナス要因になるものも少なくありません。

血流を改善する、栄養になるといった「髪に良い」系の食材は人気が高いですが、食べ続けても、マイナスになる食品が多ければ同じことですから、充分な水分摂取とともに、栄養バランスの良いメニューになるよう気をつけてください。

言わずもがなではありますが、カロリーの過剰摂取は万病の元ですし、育毛にとっても良いことはありませんので、メニューを選ぶ際は気をつけてください。

幸い、カロリーについては商品に記載されていることも多く、男性でも比較的取り組みやすい項目のようです。

投薬治療のように時間をかけたくないものの、植毛という行為には踏み切れずにいる場合、AGAの治療方法としてオススメできるのは、医療機関で行う育毛メソセラピーしかないでしょう。

発毛や育毛に必要な成分を毛根に注入して薄毛を解消するというやりかたです。

針を使用するほうが価格は安いですが、レーザー、無痛などと言われる針なしの治療方法もあり、希望によってこの2方式を組み合わせて施術することもあれば、内服薬などの薬と合わせて治療することも可能です。

AGAは珍しい病気ではなく、男性ホルモンの分泌が著しくなる思春期以降なら誰もが発症する因子を持っています。

どれくらいの年代で発症する薄毛をAGAというのかは、はっきりとした定義があるわけではありませんが、中高生で薄毛のために来院した患者さんでも他のどの原因よりAGAの疑いが強いケースもあります。

ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、正しい治療をするためには専門医の判断を仰ぐ必要があります。

また、現在の二大AGA治療薬といえばミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)ですが、後者は未成年には現時点では禁忌(使用禁止)とされているため、20歳未満の患者さんには処方されません。

お手持ちの薬の効能欄などを確認すると分かると思いますが、まったく副作用が現れない薬は無いでしょう。

残念ながら、育毛剤にも同じことが言えます。

クリニックで処方されたものについては説明を受けますから、適切な方法で使用すれば何の問題もありません。

ですが、外国で売られている育毛剤を個人輸入する場合、その育毛剤がどのような副作用が出るのかを確認した上で服用するようにしましょう。

髪を洗う時にただの水ではなく炭酸水を使うと、爽快感があって気持ちが良いですし、さらに育毛についてもプラスに働きます。

泡がしゅわしゅわして刺激が頭皮に伝わりマッサージとなるので血液がよく流れるようになりますし、普通の水を使うよりも、キレイに毛穴に溜まった汚れを洗い落とすことができます。

炭酸水はどれでも販売されているものを使ってかまいませんが、軟水の方が比較的硬水よりもシャンプーの泡立ちがよいのでより良いでしょう。

育毛剤は説明書の通りに使わないと、いい結果が出ないと思います。

普通は夜に洗髪し、頭皮に付いた汚れや古い角質を取ってから育毛剤を使うのが良いでしょう。

お風呂で温まって全身の血の巡りを良くすれば、育毛の役に立ちますし深く眠ることもできます。

クエン酸と聴くと「疲労回復」と思うかたも多いはず。

それらの多い食材といえばレモンや梅干しですよね。

育毛効果もあると言われています。

ミネラルが吸収されるときにクエン酸が作用して高める効果があり、血液がしっかり流れるのを助けるというわけです。

血がしっかり流れることによって髪の発育に必須な栄養がきちんと頭皮まで届くようになるため、私も意識してクエン酸を摂取するようにしています。

AGA治療専門医を謳うクリニック等ではなく、近所の医者などでAGAを診てくれるところを探すつもりなら、内科か皮膚科に行くことになります。

どちらにしても保険適用外となりますが、皮膚科や内科のほうが専門のクリニックよりは安くつく場合が多いです。

とはいえ現実にどこの内科(皮膚科)でもAGAの診療を受け付けているのではありませんし、出来るとしても専門のクリニックと比較すると治療のバリエーションは少ないといっていいでしょう。

この先もずっととは言えませんが、今のところは厚生労働省が定めているとおり、発毛、育毛の治療には健康保険が適用されず、治療費は全額自己負担です。

ある程度まとまった期間がなければ育毛治療はできませんし、それに見合った請求がクリニックの治療には伴います。

とは言え、支払いを済ませた後の話ですが、確定申告が年に一度行われる際、医療費控除を申請すれば一部を取り戻せる場合があります。

あまり控えすぎてもストレスになりますが、アルコールの過剰摂取は体だけでなくAGAの治療にも悪い影響を及ぼします。

お酒を飲むとアミノ酸が大量に消費されます。

また、頭髪を形成しているケラチンの生成にもアミノ酸が不可欠です。

要するに、アルコールを代謝するためにアミノ酸が普段より多く使用されてしまうと、栄養が髪までまったく分配されない状態になるため、治療効果を減殺するからです。

育毛によいとされる漢方薬もあることはありますが、効果を実感するということになると、しばらくの時間がかかることが多いでしょう。

異なる体質のそれぞれに合わせて専門家に処方してもらわなくてはならないということがありますし、使用が毎月毎月続いてくとなると、購入費用も大きくなり、負担がかかります。

副作用が少ないと一般的にはされていますが、服用を続けることができない人も多いので、少なくとも半年以上の服薬を継続するという覚悟で服用した方がよいでしょう。

公的な保険が適用される医薬品になっているAGA治療薬というのは今のところ存在しません。

つまり、どの科にかかろうとAGAは保険適用外の治療という扱いで、原則として全額を自己負担しなければいけません。

料金は治療次第で変わってくるのが普通ですが、確実にローコストというと後発医薬品を本来の薬の代用として使用していく場合です。

そしておそらく一番コストが高いのは植毛で、状態次第で数十万から100万円以上もします。

ヒアルロン酸は保湿効果があることで有名ですが、乾燥しがちな頭皮の保水力も増進させる効果が望めるために、育毛剤中に含まれることもあるのです。

頭皮が充分な水分量を保持することによって角質の状態が健康的になり、髪の毛も潤うことになるのです。

その上、血行促進効果もヒアルロン酸は持っている事が研究結果から導き出されたのです。

ヒアルロン酸は育毛に大変役に立つ成分なのですね。